国際交流日誌

UCLA DAY2 Afternoon Session

ランチをアッカーマン(学生食堂)でとった後に、Student Leaders(UCLAの学生) と対面、その後スカベンジャーハンティング(宝探しゲーム)をしながらキャンパスツアーに参加しました。生徒たちは「キャンパスが一橋大学に似ている」、「ロイスホールは実は非対称的な建築物ある」等新しい発見をしていました。その後のインタビューアクティビティーでは、キャンパスにいる人にできるだけたくさん声をかけ、質問をするというアクティビティを行いました。多く声掛けできたグループは、なんと21名! に声かけておりました。UCLA生徒の人種・年齢のダイバーシティ(多様性)を身を以て体験したようです。