生物部

新歓・引退合宿

 6月8日、9日の1泊2日で名栗げんきプラザに行ってきました。この合宿は川高生物部初めてのイベントで、2年生を中心に準備を進めました。現地へは正丸駅から入所コースを歩き、早速山の中の生物を観察しながら目的地を目指しました。

 1日目の活動は川の生物観察と、夜を待ちムササビの観察や灯火採集を行いました。川では水生昆虫の幼虫やカニなどが観察できました。そして、1年生がヤマメを見つけました。水温は川の上流ということもあり、大変冷たかったです。

 夜はげんきプラザのスタッフの方にムササビの巣箱を教えて頂いてたので、その前で待機して観察しました。なんとか滑空している姿と出会いたかったのですが、周囲を警戒してなのか、巣穴から手をかけてのり出しているところをちょうど見ることができました。残念ながら夜空の滑空姿は見ることができませんでした。

夕方にライトトラップをしかけて行った灯火採集では様々な蛾が集まっていました。こちらも残念ながら狙っていた甲虫は飛来しませんでしたが、色とりどりの蛾は圧巻でした。

 

 

シカとの遭遇もありました。

 2日目の午前中はげんきプラザのアクティビティーの一つの「森のQ太郎ゲーム」を行いました。森の中にある20個のクイズを探しながら答えていくゲームです。名栗の地域はもともと林業が盛んで、それにちなんだ問題が各所にあり勉強になりました。午後はプラネタリウム観賞でひと時の癒しの時間を過ごしました。

食事は1日目の夕食は飯盒炊爨でカレー作り、2日目の昼食はBBQに取り組みました。飯盒炊爨は初めての生徒も多く、1日目は火を着けることに悪戦苦闘でしたが出来上がったカレーとご飯は非常においしく、皆足りないくらいでした。2日目のBBQではスムーズに火も着き、交代で焼きながら楽しく食べました。

 最後の帰りのつどいでは、3年生から一言ずつ、感想とメッセージをもらいました。様々な活動を通して頼もしい存在となっていましたが、本日で新旧交代になります。3年生から新幹部団の発表があり、生物部の新しい1年がスタートです。