日誌

川高サイエンス探究・短報

冬休み科学教室

本日、川越女子高校で冬休み科学教室を行いました。
たくさんのお客様にご来場いただき、実験を体験していただくことができました。
今回は川越、川越女子、川越南、川越初雁、川越総合の5校が集まりました。
生徒たちなりに工夫して実験を行いましたが、参加した子供たちに楽しんで取り組んでいただけたようです。
来年度の冬休み科学教室は12月25日、川越高校で行う予定で検討しています。
また来年、冬休みにお会いしましょう。
(くすのき祭もぜひご来場ください。)






冬休み科学教室

年末恒例の冬休み科学教室を今年も行います。
今年は12月25日、県立川越女子高校で実施します。
対象は小中学生です。
これまで川越高校と川越女子高校、川越南高校、川越初雁高校が共同で開催していましたが、今年は川越総合高校ブースが加わります。
詳細は後日、川越女子高校、川越高校のHP上に掲載される予定です。川越市内の小中学校では学校を通じてチラシを配布していただく予定です。
今年もたくさんの実験を用意してご来場をお待ちしております。

東大山下研による特別講座

11/21(土)、東京大学の山下先生とその研究室の大学院生による特別講座が行われました。
山下先生の素粒子に関する講義の後で、スーパーカミオカンデと同じ原理のミニチュア版、豆カミオカンデの実験を行い、ミューオンが検出できました。