国際交流日誌

国際交流

UCLA DAY 6 Morning Session

朝のセッションは自分の大学生活について、自分のPassionはどこにあるのか。“Write your sentence”というアクティビティでは自分が成し遂げたい大きな目標を未来の自分へのToastで表現するゲームを全員で行いました。その後、自分の目標をたてるにはSMART (Specific /Measurable /Achievable /Relevant/Time-bound)なGOALSを作成する必要があることを学び、全員でGOALSのポスターを作成しました。

0

UCLA DAY 5 Evening Session

夕食の後はプログラム最後のイブニングセッションです。今日はValueについて、またその自信が持つValueについて具体的に「何を」「どう」社会へ、友人へ、家族へ、学校へと還元するかについて話し合いました。成功者とは、自分の持っている資源を社会に還元できる人。


0

UCLA DAY5 UCLA Nano-Research Facility


UCLA Nano-electronics Research Facility


Westwood Tour

午後はUCLA Nano-electronics Research Facility Nano-Labのクリーンルームに入れていただきました。クリーンルームではナノサイズの加工ができる機械相手でシリコンの板に「川越高等学校UCLA」の加工するデモンストレーションを見せていただきました。その後、Phd過程の研究員の方から、加工したチップの用途や最新のナノ技術について教えていただきました。難しい内容にもかかわらず、驚くことにここでも沢山の英語で質問が出ました。

 その後、6つの班に分かれてStudent LeaderWestwood Tour(大学近くの学生街)に行きました。生徒はそれぞれにStudent Leaderとの時間と、現地ショッピングを楽しんだようです。夕食はCaliforniaにしかない、ハンバーガーショップ、“In-n-Out”で夕食をとりました。朝のセッションで事前学習をした裏メニューを選択した生徒もいました。


0

UCLA DAY5 Morning Session

モーニングセッションの挙手率は過去最高でした。3時間の授業で28人全員が最低1回は発表していました。ファシリテーターのエミリーに聞くと、この一週間で川高生は他校の生徒の500倍はプログラムの価値を吸収していると言ってもらえるほどでした。モーニングセッションではSuccessとは何か、Successに近づく考え方・行動、Unsuccessfulな考え方・行動とはについて考えをシェアしました。また、自分の“power word”について考え、自分を奮い立たせるためのPower Listを作成し、全体でシェアしました。


0

UCLA DAY4 Evening Session

イブニングセッションではTaking Risks(リスクを取ること)について学びました。リスクをとるという事はどういう事か、また、自分はリスクをとるタイプかどうか、そしてなぜそうなのかについて話し合いました。ポスターセッションでは「リスク」が「人」だったらどのような姿恰好をしているか、ということで創造力を膨らましプレゼンテーションを行いました。生徒一人一人の発言率が本当に高くなり、12日目に良く発言する生徒が挙手しても当たらないという状況がでるくらいでした。授業の最後にファイナルプレゼンテーションの課題が出されました。11人どのような内容になるかが楽しみです。
0

UCLA DAY4 NYFA Visting

午後のアクティビティーには、NYFA(ニューヨーク・フィルム・アカデミー/俳優養成・映画製作等の学部をもつ大学)の訪問をしました。Hollywoodに位置するNYFAキャンパスのツアー、学校の撮影スタジオを見学しました。ツアーの最後の1時間はAcademyBoardChrisさんからショービジネス業界について、人生について、将来について、熱のこもったレクチャーを受けました。内容についてはもちろんですが、プレゼンテーションの勉強になったという生徒も沢山おりました。Focus on your goals. Live for today. Not for tomorrow. (ゴールを見据えろ、今を生きろ) You have to live in that moment. (この瞬間を生きなさい)等の熱い言葉を投げかけてくれました。このプログラムだからこそ、出会える機会です。
0

UCLA DAY4 Morning Session

午前のセッションはConfidence(自信をつける)についてから始まりました。どのような時にConfidentがつくのかを度合い別に話し合ってみたり、どのような時にどのようにすれば、自信がつくのかを考えました。その後、リーダーとロールモデル・メンターについて学びました。”Who's at your table? “では、リーダーはパーフェクトである必要がないこと、リーダーであるためにメンターやロールモデルを持つことの必要性を学びました。挙手率が非常に高くなってきました。川高生達も英語で皆の前で発表・発言することに慣れてきて、抵抗なく解の無い問題を考え、意見を発表すると言うことが板についてきたようでした。

0

DAY 3 Evening Session

夜はStudentLeader(UCLA生徒)と討論を行いました。Take an initiative (イニシアティブをとる・まずは自ら動く)についてでした。どの生徒もプレゼンテーションには慣れてきたようです。ここまで来ると、英語で発表するという一つの山は越え、さらに、発言の内容を深めるという次の目標に向かってさらに進んでほしい。川高生だからできる!!!UCLAにいるからこそできる!!!!
0

Afternoon Session 2 Dodgers Stadium


つい数日前にWBC(ワールドベースボールクラシック)が行われていた地に来ました。芝生がきれい!!!それから、観客席の傾斜が急で吸い込まれそうでした。野球ファンでなくとも、アメリカのお家芸であり、大切にしている文化に触れることができました。残念ながらマエケングッズは人気の為すべて売り切れでした。
0

UCLA Afternoon Session 1 JPL Visiting

お昼のアクティビティーはJPL(ジェット推進研究所)を訪問しました。Cal Tech(カリフォルニア工科大学)の研究所の一部でNASAの宇宙探査機を作ったりしている研究所です。今回は運よく、この施設を訪問することができました。宇宙と探査機についてガイドさんからの説明と動画で学び、その後、実際に組み立てるクリーンルームや、探査機のモデル展示物を見たり、探査機からの信号を24時間送受信する指令室等を訪問しました。生徒は事前研修も甲斐もあり、各箇所で沢山の質問をしていました。専門的な興味と知識が必要な中でこれほど質問がでたことには正直驚きました。JPLJAXAとは良い関係にあり、日本人の研究者も何人もいるようです。生徒の未来のイメージもまた新しく広がったのではないかと思います。
0