日誌

川高サイエンス探究・短報

KEK事前学習①

7月7日(木)放課後に高エネルギー加速器研究機構現地実習(KEK実習)の事前学習第1回目を行いました。
事前学習では、班ごとにKEKに関するテーマを設定し、調べ学習と発表を行います。


今年度は1年生20人に加え、2年生スタッフ5人が参加し、班ごとにスタッフ2人が付きっ切りで発表指導等を行います。

発表テーマは以下の5テーマです。

【発表テーマ】
①物質を構成する粒子にはどんなものがある?
②加速器とは何?
③KEKではどんな研究をしている?
④世界の加速器にはどんなものがある?
⑤素粒子研究をした物理学者とその成果とは?


2週間の間、テーマ調べと発表練習を行い、7月21日(木)の事前学習②で班ごとにテーマ発表とディスカッションをすることで学び合いと疑問点の共有を行います。

日本科学未来館プレゼンテーション実習

6月11日(土)にお台場の日本科学未来館にてプレゼンテーション実習を行いました。
1年生29名が参加し、プレゼンテーションの基礎を学びました。


まず事前学習として、科学に関する本を使い即興プレゼンを行いました。
スライド作成に四苦八苦しながらも、2年生スタッフの指導の成果もあり、効果の高いスライドを作ることができるようになりました。

実習当日は、各自が午前中に調べ学習を行い、内容を班員にプレゼンしました。
それぞれの班に2年生スタッフが熱心にアドバイスを送ります。


調べた内容は事後学習として、6月24日(金)に全体に向けて発表しました。
4回に渡るプレゼン指導・練習により、効果的プレゼンの行い方を学ぶことができました。

1学年講演会「科学と非科学の間」

6月20日(月)午後に1学年講演会が行われました。
講師の安斎育郎先生は、川越高校での講演が今回で11年目となります。

手品を交えて、非科学に騙されないものの捉えかたを講演してくださりました。
また、福島原発の話や、安斎先生自身の経歴等生徒にとって非常に興味のある内容を話してくださりました。

事後学習として6月27日(月)にレポート作成を行いました。

生徒研究紹介

1年生を対象とした研究発表会で、2学期から研究活動に入る前に、研究発表に触れてもらおうという趣旨で行いました。
本校のSSHプログラムの課題点として、1年生がなかなか研究活動に取り組み始められないことが挙げられています。これに対して今年からの試みとして本企画や、研究入門などの講座が行われています。
発表を行うのは2,3年生で、昨年度の研究を紹介しました。

電子顕微鏡実習

電子顕微鏡操作講習会を実施しました。
この講習会は電子顕微鏡の操作を体験し、操作できるようになるための講習会として実施しました。研究などでぜひ使ってほしいと思います。
今回日立ハイテクノロジーズ様のご厚意によりお借りした電子顕微鏡はTM-3030です。非常にコンパクトで簡単操作のSEMです。今後2カ月ほどお借りし、その間に研究活動、小中学生向けの体験教室、研修会などで利用する予定です。