今日の川高

今日の川高

生徒研究発表会 開催

 5月8日(土)本校において、生徒研究発表会を開催しました。例年は、保護者や地域の方をお招きして多くの方を前にしての発表ですが、今年は現在の状況を考え、校内発表として行いました。

 また、密を避けるために、発表形態も例年とは異なり、ポスター発表と代表口頭発表をローテーションで聞くようにしました。特にポスター発表は、例年よりもじっくりと聞くことができました。

 

 

 スーパーバイザーとして、東京大学 卓越教授・特別栄誉教授 宇宙線研究所長 梶田隆章先生、理化学研究所副理事 加賀屋悟先生、武蔵野学院大学教授 福田直先生をお招きし、ポスター発表、代表口頭発表を聞いていただきました。

 

 ポスター発表では、本校生徒の移動よりも前にスーパーバイザーをご案内したので、各ブースでスーパーバイザー対発表生徒のみという形になりました。梶田先生にプレゼンした生徒に発表後に話を聞きました。

 

 「文系の発表なのに、梶田先生に聞いていただきとても緊張しました。良い発表だとほめていただき感激しています」

 

「梶田先生に聞いていただき、大変緊張しました。発表後に梶田先生から質問を受け、何とか答えましたが『いろいろな可能性を考慮すべきだ』と話しをしていただきました。すごい経験ができました。」

 

 「質問の着眼点の違い、発表者の言葉を引き出す質問を受けました。研究者が何を聞きたいのか、個人の意見が重要だということがわかりました。」 

 

「自分の発表を聞いていただきとてもうれしいです。」

  梶田先生は、一人6分ほどの説明を真剣に聞き、その後の質問、丁寧な指導をしていただきました。

 

 体育館で行った「代表口頭発表」の9部門も聞き、そのあとスーパーバイザー3名の先生方より、丁寧な講評をいただきました。

生徒からも多くの質問がありました。

 

スーパーバイザーからの講評

加賀屋 悟 先生

 

福田 直 先生

 

梶田 隆章 先生

 

大変貴重なお話を聞くことができました。

0

4校美術展開催

 4月29日から5月2日まで、川越市立美術館において「4校美術展」が開催されています。川越高校、川越女子高校、川越工業高校そして市立川越高校の美術部生徒の作品が展示されています。

 

 

0

弓道部 壮行会実施

 4月28日(水)放課後、関東大会への出場を決めた弓道部の壮行会を行いました。校長からの激励の言葉、弓道部員からの感謝および決意の言葉がありました。そのあと、応援団指導のもと校歌斉唱がありました。

 弓道部の関東大会は、6月4日から6日の予定で群馬県前橋市にて開催されます。

 

 

 

0

離任式を開催

 4月28日(水)7限終了後、離任式を開催しました。今年度は、新型コロナ感染予防のために、グランドで行いました。お忙しい中、来校していただいた3名の先生方から、川高生への熱いメッセージをいただきました。

 

 

0

弓道部 県大会優勝

 4月17日、24日に開催された「関東高等学校弓道大会県予選会」において、19年ぶりに優勝しました。

 この大会は、3名一組の団体戦であり、約70校130チームが参加しました。17日は大宮公園弓道場で行われ、1名4射12本を一立として二立の合計で上位16チームが勝ち残りました。24日は県立武道館弓道場において、決勝が行われ、二立の合計により、見事優勝となりました。

 この結果により、6月4日~6日群馬県前橋市で開催される「第65回関東高等学校弓道大会」に埼玉県代表としての出場が決まりました。

 

 

 

 

0

プール清掃

 27日放課後、初夏(?)恒例のプール清掃を水泳部員が行いました。冬場の汚れをきれいに落とし、水が張られます。

 少々早いのですが、夏が始まります。

 

0

生徒総会開催

 27日6限後に「生徒総会」を開催しました。昨年に引き続きリモートで行いました。昨年度の報告、今年度の予算案の審議を行いました。議長のスムーズな運営によって予定時間内で終了しました。

 

生徒会長

議長

 

0

学食通信

 川越高校学食で伝統の味「トルコライス」、20年ほど前に九州への修学旅行に行った教員が、長崎名物「トルコライス」を学食のスタッフに伝えたところ、そのメニューが見事に再現されたものです。

 ガーリックライスにチキンカツがのり、更にデミグラスソースがかかったスーパーハイカロリーの逸品です。さらに、スパゲッティにポテトフライと、まさにcarbohydrateの塊のようなメニューです。

 

 

0

2年次 LHR

 26日のLHRは3年次に向けての「類型選択オリエンテーション」を「グーグルミート」で行いました。学年主任の話から始まり、教務からの全体的な話、各教科からの説明、そして進路指導部から進学に向けての話がありました。進路実現に直結した科目選択であるので、各教室では緊張感をもって説明を聞きました。

 

0