国際交流日誌

国際交流

UCLA DAY3 Morning Session

今朝のモーニングセッションでは、どのポジションにおいても誰もがリーダーシップを発揮することが重要であることDiscovering your personal leadership style (自分なりのリーダーとスタイルを考える)を学びました。また、リーダーに必要な資質のリストから、自分が現在備えているものをシェアし、これから備えたいものをそれぞれ選んで話しました。また、そののなかから優先順位をつけ、その必要性について理由をシェアしました。また、リーダーがパーフェクトでいる必要がない事、リーダーもそれぞれ長所・短所があってそれぞれであることを学びました。午前のセッションの最後には自分はどのタイプの長所・短所があるかのテストをしました。Diversity is our strength(多様性は力なり) とアメリカ人が大切にしていることがわかりました。自分の色を大切に!!

0

UCLA DAY2 Evening Session

イブニングセッションの前に川高生だけでリフレクション(反省会)を行いました。積極的になれていない、理解するのに時間がかかる、予測していない場合は無言になる、話はじめをしっかり聞かないと理解ができない、発言者が固定化されている等の反省点が出てきました。その後のイブニングセッションは小グループでStudent Leaders(UCLAの学生・4人川高生グループに1人)も入ったためか、生徒がかなり積極的になり、皆プログラムに積極的に参加しているのが見受けられました。Leaderに必要な考える手法を学び、習った考え方を元に「革新的な歯磨き粉」を考え、CMを作って全員にプレゼンテーションをしました。どのグループもユニークな案と楽しいCMを作成しており、非常に良かったです。
0

UCLA DAY2 Afternoon Session

ランチをアッカーマン(学生食堂)でとった後に、Student Leaders(UCLAの学生) と対面、その後スカベンジャーハンティング(宝探しゲーム)をしながらキャンパスツアーに参加しました。生徒たちは「キャンパスが一橋大学に似ている」、「ロイスホールは実は非対称的な建築物ある」等新しい発見をしていました。その後のインタビューアクティビティーでは、キャンパスにいる人にできるだけたくさん声をかけ、質問をするというアクティビティを行いました。多く声掛けできたグループは、なんと21名! に声かけておりました。UCLA生徒の人種・年齢のダイバーシティ(多様性)を身を以て体験したようです。

0

UCLA DAY2 Morning Session

 UCLA登校初日です。生徒たちはキャンパスの大きさに驚いており、アメリカの大学のキャンパスで学べることに興奮していました。今年は、歴史あるUCLAのロイスホール内の教室で授業を受けました。もうそれだけで、現地の学生気分になれます。
 午前中のセッションはリーダーシップについて川高生のみでグループディスカッションを行いました。「リーダーとは」、「リーダーの仕事とは」、「リーダーの資質とは」、「リーダーはどうあるべきか」等をグループで英語で話し合いました。


0

UCLA DAY 1-2 Orientation

夜のオリエンテーションではファシリテーターのEmily主体でアイスブレイキングエクササイズを英語で行いました。最初に自分の目標を2つ決め、その後2人で目標を2つ決め、次は4人で2つ、7人で2つ、14人で2つ、最後には全員で2つの目標をつくるゲームです。川高生全員で作ったゴールは  1、英語を沢山の人と話す事 2、自信をつける事  この2点が全員でのプログラム目標となりました。生徒は疲れていましたが、英語のみで40分のエクササイズを一生懸命頑張っていました。  

0