SSHカリキュラム&プログラム Aグループ(地球環境とエネルギー)

SSHで実践してきた授業の資料を順次アップロードします。
まずはAグループ(地球環境とエネルギー)の授業の一部です。
(担当者の専門のため、地学系が多くなっています。Word形式のものは充分練られていないものですので、授業等でご利用の場合は自己責任でアレンジしてください。)
・研究計画を立てよう
・研究計画を煮詰めよう
・電波観測データによる銀河系の回転速度の推定
  ☆ LABサーベイのHⅠスペクトルデータを使った演習です。観測機材等特別な物は必要ありません。
 データ引用元 https://www.astro.uni-bonn.de/hisurvey/profile/ 
  データの利用方法  回転速度を求める場合
         Coordinate system: 「galactic coordinates (l,b)」を選択。
         Center  RA (l) : 0から90 までの任意の値を入力 (270から0でもよい)
               Dec (b) : 0 を入力  
・石英くさびの作製と偏光顕微鏡
  ☆ 水晶を切ってくさびを作り、干渉色の変化を偏光顕微鏡で観察します。
  美しい干渉色がみられます。
・河川水の分析
・水質分析
  ☆ パックテストを用いた水質分析のための解説とワークシートです。