川越高校バドミントン部および同OB会ホームページ

川越高校バドミントン部および同OB会ホームページにて、活動報告や部の歴史を紹介しています。

http://kawatakabad.g2.xrea.com/
(なお、上記アドレスは外部へのリンクになりますので、予めご了承ください)

バドミントン部

バドミントン部

学校総合体育大会団体戦西部支部予選会

4月10日(水)、15日(月)に所沢市民体育館にて開催されました。2複1単での学校対抗戦です。1日目は初戦を朝霞西高校と行い、両者互角の戦いの末、2勝1敗でトーナメントを進めました。2戦目、西武台高校との試合はデュースになる試合もあり、粘り強さを見せましたが、1勝2敗で惜敗してしまいました。その後、2日目に行われる県大会出場決定リーグ戦への参加をかけて、敗者戦を行いました。そこで2勝し、西部地区団体ベスト12となり、県大会出場決定リーグ戦に挑みました。2日目のリーグ戦でも粘り強い試合を行いましたが、惜しくも県大会出場とはなりませんでした。次は5月の個人戦です。今回の試合で得たことを活かして、最高の試合ができるように練習に励んでいきたいです。

0

3月16日(土)・17日(日)のダブルス大会の結果報告

3月16日(土)・17日(日)に行われた令和5年度会長杯争奪高校バドミントンダブルス大会の結果を報告します。

この大会は県内の高校生が参加する大会で、他地区の異なるプレースタイルに触れられる貴重な機会です。

今回は部員28名全員(14ペア)がレベル別に分けたB(県大会出場選手)・C(地区大会出場選手)・D(地区大会に出場していない選手)に分かれて試合を行いました。

優勝はできず悔しそうな様子でしたが、C2ブロックで第3位に1ペア、D2ブロックで第3位に1ペアが入り賞状をいただきました。

また。Bブロックでも前回の県大会で初戦敗退だったペアが他地区の県大会出場選手から2勝するなどチーム全体の伸びを確認することが出来ました。

この経験を糧に、引き続き4月10日から始まる西部地区団体戦に向けて、県大会出場を目指して一層練習に励んでいきたいと思います。

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

0

3年追い出し試合

  祝日の3月20日、3年生の追い出し試合が行われました。3名のOBも来てくれて、3年生+OBと1・2年生での団体戦を行いました。1回につき1時間の時間制で試合を進め、合計3回行いました。久しぶりにコートに入った3年生は、初めこそ苦戦していましたが、段々と調子を上げていったようでした。1・2年生も負けてはいられない、ということで全力で戦っていました。

 最後に3年生とOBから、これからの進路のことやアドバイスなどを一言ずついただきました。4月からはそれぞれの新天地でやっていくことになります。川高バドミントン部で積み重ねてきたことを糧にして頑張っていってほしいです。

0

2月5日・6日 西部地区新人大会の結果について

2月5・6日に所沢市民体育館にて行われた西部地区新人大会の結果を報告します。

今回の大会は学校代表の団体A、学校代表を除くメンバーで組む団体B、個人戦A・Bの種目があり、部員全員が参加できる貴重な大会でした。

団体Aは初戦に鶴ヶ島清風高校と対戦し、2-0のストレート勝ちをしました。

緊張や硬さが出やすい初戦をいい形で発進することができました。

 ベスト8決めとなる2回戦は大会前のシード順6位で格上の坂戸西高校との対戦でした。全試合ファイナルゲームとなる大熱戦となりましたが、僅差で敗れてしましました。要所での粘り強さやサーブ回りのタッチの速さなど、最後の学校総合に向けて、川越高校として見習うべきプレーがたくさんありました。

 その後の順位決定戦では、西武文理高校と対戦し、2-0で勝利しました。2試合行った後に疲労もたまってきていた状態でしたが、粘り強くプレーをして勝利することができました。

 最終結果としては、前回大会と同じ西部地区9~12位という結果で大会を終えました。チームの目標としている県大会出場圏内にはまだ届いていませんが、徐々に上のチームとの差は縮まってきていると感じます。春に向けて引き続き成長して、目標に到達できるように活動を頑張っていきたいと思います。

A団体の結果です。決勝まで進出した坂戸西高校にあと少しの差で負けてしまいました。

団体B・個人戦も健闘しました。

団体Bでは4チームが出場し、2年生主体の川越B1と1年生主体の川越B3の2チームが102団体中ベスト8に、川越B2はベスト16に入りました。

ベスト8に2チーム入っていたのは男女あわせて川越高校のみだったことからも全体の層の厚さを示すことができたと思います。

残念ながらベスト8より先には進めませんでしたが、他校の選手の異なるプレースタイルに数多くふれるという良い経験を積むことができました。

また出場した団体Bの4チーム、個人戦選手の敗戦はすべて0-2のストレート負けではなく1-2の結果でした。

ファイナルゲームになった場面など、接戦での強さを磨くことが今後の課題だと感じました。

まずは3月に行われるダブルス大会にて、今回の反省を生かしてより良いプレーを磨いていきたいと思います。

引き続き川越高校バドミントン部の応援をよろしくお願い致します。

川越1:ベスト8

川越B2:ベスト16

川越B3:ベスト8

個人戦結果

0

2024年初打ちを行いました!

旧年中は各大会、練習試合、OB会など色々な方々にお世話になりました。2024年もよろしくお願いします。

川越高校バドミントン部は1月4日午前が練習開始日でした。

部員たちはノック練習を中心に羽根を打ち、追いかけながら年末年始で空いてしまった羽根を打つ感触を確かめるように活動を行いました。

現在、2月5・6日の西部地区団体戦に向けて練習を積んでいます。

目標とする県大会出場に向けて、夏の新人大会よりも良い成果となるよう引き続き頑張っていきたいと思います。

2024年も川越高校バドミントン部の活動への応援をよろしくお願い致します。

0

第4回埼玉県立男子校四校戦バドミントン大会

 12月24日(日)に県立男子高校4校(春日部高校、浦和高校、熊谷高校、川越高校)による対抗試合が行われました。各校ABCDのチームを作り、今回はA Cブロックは浦和高校、BDブロックは川越高校において2複1単の団体戦でリーグ戦を行いました。各ブロック共に白熱した試合が繰り広げられました。

 本校の結果はAブロック4チーム中4位、Bブロック6チーム中3位、Cブロック8チーム中5位、Dブロック5チーム中準優勝でした。日頃はなかなか対戦できない東部、南部、北部の学校との試合や、生徒間の交流もできました。プレーの中で気づいたことなどを今後の課題にしてさらに技術を磨いていきたいです。

0

OB会

 12月23日(土)にOB会が開催されました。川越高校バドミントン部初代の方から、昨年卒業した方まで幅広く15名のOBが来てくださいました。現1年生は50代目になります。また、鶴ヶ島清風高校バトミントン部の皆さんも来校し、練習試合を行いました。OBと現役生、鶴ヶ島清風高校に分かれてチームを数組つくり、2複1単の団体戦を行いました。試合後にはOBにアドバイスを頂き、大変有意義な練習試合となりました。

 今回、OB会よりシャトルとスマホ用三脚を頂きました。こちらも練習等に活用させていただきます。ありがとうございました。

0

新人大会団体戦西部支部予選会

 所沢市民体育館で新人大会団体戦西部支部予選会が行われました。夏休みの終盤の部内戦で決めたメンバー8名での出場です。

 9月4日の試合は本校は第3ブロックで、和光国際高校、武蔵越生高校、飯能高校とのリーグ戦でした。1試合目は武蔵越生高校に3対0で勝利しました。冷静な試合展開で、確実に点に繋げていく事ができました。2試合目の和光国際高校との試合は、残念ながら1対3で負けてしまいました。試合の運び方などの課題も見つかり、勉強になる試合でした。3試合目は飯能高校に3対1で勝つことができました。予選は2勝1負で第3ブロック第2位となり、決勝トーナメント進出を決めました。応援の生徒も全力で声を出し、チーム一丸となって西部の予選リーグを戦い抜きました。

 中2日間、試合の反省点など調整して、7日は決勝トーナメントに臨みました。初戦は第2ブロックを1位通過した新座柳瀬高校との試合でした。第1ダブルスを2-0で快勝し、第2ダブルスは西部地区個人戦ベスト4のダブルスに1-2で負けました。続く第1シングルスでは個人戦で負けた選手との試合でしたが、見事リベンジを果たし、2-0で勝利しました。次の第2シングルスでは0-2で負けましたが強敵相手に食らいつき、流れを呼び込みました。一進一退の攻防が続き、最終第3シングルスのファイナルゲームまでもつれ込みましたが、残念ながら1-2で負けてしまい、2-3で新座柳瀬高校に敗退してしまいました。敗退してしまいましたが、シード校相手に食らいつく試合をすることができました。

9〜12位決定戦では志木高校と戦い、各試合接戦となりました。結果は第1ダブルス0-2で敗戦、第2ダブルス2-1で勝利、第1シングルス2-0で勝利、第2シングルス0-2で敗戦、第3シングルス2-1で勝利し、こちらは3対2で志木高校に競り勝つことができました。

 部員たちは暑い夏を乗り切り、確実に実力をつけています。今後も練習に励んでいきたいと思います。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

また、夏休み期間に練習試合のお相手をしてくださった各学校の皆さんありがとうございました。改めてこの場で御礼申し上げます。

(この夏の練習試合相手校)

春日部高校・山村学園高校・所沢中央高校・新座柳瀬高校・所沢北高校・和光国際高校・所沢高校・川越総合高校・星野高校・志木高校・豊岡高校(試合順)

0

くすのき祭 出店情報

本日はくすのき祭1日目ということで、

バドミントン部の部員も活動に参加しています。

1・2年生は『シャトル―ゼ』というお店で、アイスクレープや飲み物を販売しています。

残暑厳しい日に、甘くて冷えたアイスクレープはよく合います。

3年生は『バドより団子』というお店で、団子や飲み物を販売しています。団子は1本40円とリーズナブルで美味しかったです。

ご来場の際には、ぜひお店にお立ち寄りください。

バドミントン部部員一同お待ちしております。

 

0

新人大会個人戦

 8月8日、10日、12日は所沢市民体育館にて西部支部の新人大会個人戦予選会が開催されました。ダブルスでは6組が出場しました。1組が敗者戦から勝ち上がり、県大会出場を決めることができました。

 シングルスでは、8名が出場、接戦を制し、2名がベスト32に残り最終日を迎えました。ベスト16をかけた戦いには負けてしまいましたが、県大会に出場できる17位、18位に向け敗者戦にまわりました。3勝すれば出場が決まりますが、選手2名とも2勝し、あと1戦のところで敗れてしまいました。非常に残念でしたが、実戦を数多くできたことは次につながります。
 大会となるとやはり緊張もありますが、日頃の練習を思い出し、どの選手も集中して試合を展開していました。

 9月4日には新人大会団体戦が控えています。夏休みの後半もチーム一丸となって練習に励んでいきたいと思います。

 

0
戻る